くらしケアのページです。障がいをお持ちのくらしをサポート。障がい分野の知識や経験が豊富な職員(看護師、保健師、相談支援専門員、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー)が、ご利用者様のより良いくらしの実現をお手伝いします。

住まい相談について

  • HOME »
  • 住まい相談について

暮らしの基本である住まいを整える

●障がい者はアパートを借りられない?

 障がいを理由にアパートを貸りられないことがあります。原因は、大家さんや管理会社の漠然とした不安や偏見。差別するつもりはないものの、結果として「貸さない方が無難」という判断に至ってます。車いすユーザーなら床に傷が付くのではないかとか、他の入居者が出て行ってしまうのではないかとか。日常的に障がい者に接していない大家さんには判断ができないのは無理もなく、理解を得たり説得を試みることは大変な労力が必要です。
 一方、借りる際に求められる様々な条件や特約、例えば連帯保証人を立てたり、保証金や礼金など入居初期費用の用意も必要なため、所得の少ない障がい者の方にとって、住まいの確保は容易ではありません。

●ハウジングサポートプログラムが解決

①住まいに関する悩みを解決します
 ・空き家活用の実績が豊富なくらしケアが大家さんからアパートを借上げて提供します。
 ・くらしケアは宅地建物取引業の許可を得ている法人です。
 ・住まいやお金の専門家が対応します。
 (宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、ファイナンシャルプランナー)

②メリット
 ・連帯保証人が不要
 ・直ぐに部屋を確保したい場合も対応
 ・入居初期費用のご相談、アレンジ可能
 ・火災保険など面倒な手続きも代行
 ・家具家電付きの部屋も相談可

③病気や障がいでお悩みの方
 ・医療チーム(看護師、保健師、作業療法士)が定期的に訪問して看護ケアを提供します。
 ・早期回復、早期自立に向けたお手伝いができます。

④障がいをお持ちの方の就労を支援
 ・相談支援専門員が個別に支援計画を策定し、定期的にモニタリングします
 ・就労支援施設をはじめ、社会資源とのマッチングと連携を図ります

★★★ 本プログラムの対象となる方 ★★★
 ✓ 病気や障がいを持っている方
 ✓ 介護をしているご家族の方
 ✓ 各種依存症で更生を目指す方、更生の可能性がある方

一人暮らししたい方、お子様の自立を促したい方、くらしケアのハウジングサポートプログラムをご利用下さい。

住まいや不動産に関することや相続手続きにも対応

●くらしケアにできること

 ・空き家の活用による個人年金化
 ・所有不動産の購入や売却
 ・有休不動産の活用
 ・障がい当事者目線の住宅改修
 ・相続などの各種手続き代行
 ・水道光熱費など生活費削減のご提案
 ・ライフプラン作成による生涯に必要な生活資金の試算

お電話でのご相談はこちらへ
電話:0587-81-8618
【宅地建物取引業許可】愛知県知事(2)22076号

★会社案内もご覧ください
詳しくはこちら

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 058-214-6592 受付時間 平日 9:00 - 18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社くらしケア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.